読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

でくログ

お酒を飲みながら私立恵比寿中学とかスタダアイドルについてだらだらと

たまこちゃんとコックボー感想

ぁぃぁぃぁぃぁぃぁぃぁぃぁぃぁぃ。でくおです。

 

ビールからウイスキーロック飲んでいます。

 

先日駆け込みで、映画『たまこちゃんとコックボー』を観てきました。

今週で上映が終わっちゃう映画館多いんじゃないですかね。

 

ということで、軽くネタばれありで感想をだらだら書きます。

 

 

なかなかのアイドル映画でした。ぁぃぁぃの魅力満点の77分。

アニメと実写とが自然と入れ替わってなかなか新鮮でした。

 

ぁぃぁぃ演じるひよこの中の人が入れ替わる設定なので、中学3年生の女の子と7歳?の女の子と中学3年生の男の子を演じる必要がありましたが、かなりうまく演じてました。

ぁぃぁぃもうまかったですが、幼馴染役の阿久圭介くんもかなりうまかったですね。

 

あえて阿久圭介くんに焦点を当てます。

 

眼鏡をかけていると、若い時のダニエル・ラドクリフに見えます。が、眼鏡を外すとかなりのイケメン。

身長もあるし、モデルもばりばりこなす訳だ。

いま15歳の彼が5年後にちょっと有名になったとして、初主演した映画が『たまこちゃんとコックボー』な訳です(違ったらすません)。

そこでピックアップされるシーンは間違いなく彼が下ネタを連呼するシーンでしょう。

 

阿久圭介くん演じるイソップと「7歳?の女の子」の魂が入れ替わった瞬間に、

「ち~んちん。ち~んちん。」と股間を弄るシーン。爆笑しました。

これを5年後に見ることを生きがいにしばらくは生きていこうと思います。

 

飲み過ぎてテンションがおかしいので、youtubeを貼り付けて寝ます。

 

www.youtube.com

 

チョコレートがなんで甘いか知ってる?

人生は甘くないから('A`)

 

では☆では
ばぁぃぁぃ(*・ω・*)/♪+°